本来の色彩と自然なつや

以前は車愛好者の愛でで広まっていた東京のガラスコーティングの認知度も上がり、近年はごく一般的な方の施工希望も増えて来ています。なかにはガラスコーティングという名称から、窓ガラスに施す加工と勘違いをされている方もおられますが、ガラスコーティングとは車のボディに強化したガラス状の皮膜を薄く施し、車体の塗装を傷から守り、強いツヤを出す為のコーティングです。

東京のガラスコーティング、ガラス系コーティング、ガラス繊維系コーティングと種類はあり、無機系・有機系・化学反応により固まるもの・乾燥して固まっているものとありますが、統一規格が無く、どの名称を使うかは各社それぞれのため、ガラスコーティングとは硬化系ボディコーティング全般を指すものと認識しても良いかも知れません。

車体を非常に薄い皮膜で覆う為、施工には時間と費用がかかりますが、現在のところ塗装効果が最も長く持続するコーティングです。東京のガラスコーティングは車体本来の色彩を活かした自然なツヤを出し、細かい傷からボディを守り車体の劣化を防ぎ、汚れを軽減する効果をもつコーティング方法なのです。